SM



トップページ 女王様紹介 プレイ体験記 おすすめ動画 SM 世界の女王様
 

  サディズムとマゾヒズム

SMの原則としては支配者と被支配者に役割を分けて行われる性行為に分類され、性的ロールプレイとされる。 ロールプレイのスタイルにより本稿で扱われるS&MのほかにB&D(拘束と支配 Bondage & Dominance、又は訓練 Discipline)や、D&S(支配と服従 Dominance & Submission)などに細別されるが、どのプレイスタイルにおいても 本稿におけるSの立場の人間はトップ、Mの立場の人間はボトムとして総称されるが。

「サディズム」とは、虐待する事で性的に興奮を覚える異常性愛であり、自らのオーガズムに達するまで、一方的に 虐待を続けたりもする。。

ここで、痛みや征服欲による快感についてなのだが、人それぞれその時の状況なのにより 痛みという感覚は、本人の予測によって感じ方が変わるものようなのだそうだ。 そして、

    「予想したほど痛くなかったとき、人はその感覚に快感を覚える」

ことがあるというのだ。  一方の「マゾヒズム」とは、辱めを受けたり自らの肉体を損傷する(自傷行為)ことで性的興奮を覚える性愛で いずれも、異常な精神障害である。  この性的な欲情状態は、非常に激しく、人生に途中で屈折しているため、中には着衣により興奮を一層高める ものがあり、 ボンデージなどといったファッションスタイルも多い。

「ソフトSM」といったものと「ハードSM」といった、人の欲望による強さには違いがあるが 「緊縛」と呼ばれる縄で縛り付ける行為は、「緊縛師」と呼ばれる専門家がいたり、「手を(軽く)縛る」 「ソフトSM」とプレイやでは「目隠しをする」ことにより一層の興奮を高めるものであったり ドメスティックバイオレンス(DV:配偶者からの暴力)のような いわゆる性風俗におけるSMでは双方同意のうえで「叩いたり、叩かれたり」といった行為が行われ、 また深刻な負傷を発生させないよう抑制された暴力または工夫された擬似的暴力であるといった相違がある。 その一方で、

「ハードSM」と呼ばれるものでは「鞭打ち」や「ロウソク責め」、 性器ピアスを取り付けるなどのプレイの分野もある。

 







Copyright © 2010 Mistress All rights reserved.
by Mistress